Q&A一覧 ▼
戻る
【エアーポンプ全般】 差し込みプラグ部分に水がかかって焦げ臭い臭いがした。
そのまま使用すると火災、発煙、感電、やけど、故障の恐れがあります。


差し込みプラグに水がかかるとショートやトラッキング現象の原因となります。
水槽付近への設置は十分な注意が必要です。メンテナンス時には差し込みプラグの周囲に水がかからないようにご注意ください。

感電、漏電が発生しないように水槽より高い位置のコンセントを使用してください。
やむを得ず、水槽より低い位置のコンセントを使用する場合は、水滴がコードを伝わって差し込みプラグやコンセントを濡らさないように電源コードにループを設けてください。


また、海水水槽に使用されている場合は、差し込みプラグやコンセントの塩分や汚れをこまめに点検し、付着している場合は、必ずよくふき取ってください。
電源コードや差し込みプラグが異常に熱い、焦げ臭い、ブレーカーが頻繁に落ちるなどの現象が起きたら、直ちに使用を中止してください。


COPYRIGHT(C) GEX.CO.,LTD.,ALL RIGHTS RESERVED