Q&A一覧 ▼
差し込みプラグ部分から焦げ臭い臭いがした。
そのまま使用すると火災、感電、やけどの恐れがあります。



長期間差したままのコンセントと差し込みプラグの間には埃がたまりがちです。 そこに湿気が加わると、プラグの刃の間で火花放電が繰り返され、差し込みプラグの刃と刃の間に「トラック」と呼ばれる電気の通路ができます。その間で放電を起こし、発火することがあります。これをトラッキング現象と呼びます。
常にコンセント付近を確認し、埃があれば取り除いてください。
海水水槽に使用されている場合は、差し込みプラグやコンセントの塩分や汚れをこまめに点検し、付着している場合は、必ずよくふき取ってください。
電源コードや差し込みプラグが異常に熱い、焦げ臭い、ブレーカーが頻繁に落ちるなどの現象が起きたら、直ちに使用を中止してください。
COPYRIGHT(C) GEX.CO.,LTD.,ALL RIGHTS RESERVED