Q&A一覧 ▼
戻る
【ヒーター全般】 ヒーター表面に固形物が付着している。
ヒーターは定期的に汚れを洗い流してください!

ヒーターを使用していると、ヒーターの表面に水垢、餌、糞、水に含まれるカルシウムなどが付着し、固形物となって焦げたようになる場合があります。

ヒーター表面の固形物の付着範囲が拡大すると放熱を妨げる可能性があり、正常に温度制御ができなくなったり、内部温度が上昇し、温度ヒューズが切れる場合があります。
定期的にスポンジなどを使って、水で洗い流してください。
※固形物が大きくなったり、厚みが増すと取り除くのが困難になるため、早めに取り除いてください。

●ガラス管にキズがつくと破損の原因になるため、金属たわしなどの硬いもので擦らないで
 ください。
ヒーターの固形物が付きやすい部分

●上記のようなヒーターの場合、赤丸部分に水垢、餌、糞、水に含まれるカルシウムなどが
 付着し、固形物ができやすいので注意してください。
 ※写真はNEWセーフカバーヒートナビです。
 ※必ずヒーターカバーを取り外して、汚れを洗い流してください。
COPYRIGHT(C) GEX.CO.,LTD.,ALL RIGHTS RESERVED